« かれこれ1年 | トップページ | 飯盒炊爨 »

2012年9月22日 (土)

独立国家のつくりかた

 坂口恭平「独立国家のつくりかた」を読みました。
 何年か前に何気なくパラパラ見ていた「早稲田学報」で彼の名前を知り、「TOKYO 0円ハウス0円生活」を読んだのですが、気になる人物として、その後も折りにふれ動向を注意していました。
 この本を読むと、原発事故は彼の生き方にも大きなインパクトを与えたようですね。「0円ハウス0円生活」という確固たるベースの上に破天荒ともいえる領域に船を漕ぎだしたようです。いよいよこういう人が出てきたんだなあという感慨もあります。彼の生き方がこれからどういう展開を見せていくのか楽しみです。(早稲田いいぞ!という気持ちもちょっとありますかね。)

坂口恭平 独立国家のつくりかた

« かれこれ1年 | トップページ | 飯盒炊爨 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 独立国家のつくりかた:

« かれこれ1年 | トップページ | 飯盒炊爨 »