« 切り抜き | トップページ | 間合い »

家事の効用

 炊事、洗濯、掃除を自分でやっていると、なかなか家事というものが大変だという事がよく分かる。Housekeepingとはよく言ったものだ。家事というよりも言葉としては実感がわく。確かに家を維持するのは手間がかかる。ガス、水道、電気が完備されて、電子レンジや洗濯機、掃除機等々の高性能な家電があってもこれなのだから、昔は大変だっただろうなと容易に想像がつく。
 思えば小学校に入る前後まで家の風呂を薪でわかしていた。風呂に水を入れて薪に火をつけてわかすのが、子供の頃はそれはそれで好きだった。風呂に水道の水をホースで入れながら、プラモデルの船を浮かべて水流でぐるぐる回したりしたものだ。薪を買うと、くべやすいサイズに斧で割るのだが、小学校低学年でそれをやっていたのを思い出す。洗濯機はあったが、脱水なんて機能はなかったしなあ。そういえば洗剤がやたら大きい箱に入っていたのを思い出す。
 それはそれとして、今日は日曜で、家でゆっくりしていた。しかし、家にいればいたでやることは多い。先週後半は料理をしなかったので、さしあたり食べるものがなくなってきた。そこでまず朝6時に起きてすぐトマト鍋なるものを作ってみた。クックパッドを見て、先週末に材料を買い揃えてあったのだ。これは意外に簡単にできた。鍋というよりもシチューのようなものになってしまったが、まずまずの出来。しかし、クックパッドのレシピではキャベツの量がどうも多すぎて、大量に残ってしまった。ブロッコリも茎の部分が結構な量残ってしまったが、とりあえずくたびれたので台所にそれらの余った野菜を放置したまま一休みし、お昼前に久しぶりにジムに出撃。
 ジムから帰宅して、朝作ったトマト鍋で昼食にし、元気が出たところで、残ったキャベツを使って焼きそばを作った。ブロッコリの茎は細かく切って、冷蔵庫に入れてあった先週の残りご飯とともにおじやにしてみた。ねぎを大量に入れ、しいたけと鶏がらスープの素や味噌で味を整えるとなかなかうまい。合間に洗濯機をまわしておいた。
 ということで、今日はかなり多くの料理を作ってしまったので、来週前半はこれで余裕で食べていける。冷蔵庫には先週買ってまだ残っている肉や野菜の食材がいくつかあるので、これらもいたまないうちになんとかしなければいけない。一人、二人であれば食べる量もそれほどでもないことが最近よく分ってきたのだが、ついつい買いすぎてしまうのはこれから修正していかなければいけない。
 まあ、これまでは家内がこういった事を全てやってくれていた訳で、そういう意味では自分は時間的には相当余裕があったはずなんだよなあと思ったりする。その割に家事以外で自分が毎日やっている事の量と質は今とあまり変わらないような気もするのはどうしてだろう。要はダラダラしていたという事か?自分でいろいろやってみると、気づく事も多いものだと妙に納得感がある。家事の効用といったところか。しかし、これに子育てが加わったらどうなっちゃうんだろうとも思ってしまう。少なくとも自分にはできそうにない気がする。

|
|

« 切り抜き | トップページ | 間合い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/47719444

この記事へのトラックバック一覧です: 家事の効用:

« 切り抜き | トップページ | 間合い »