« 地下鉄で席を譲られる (広州#3) | トップページ | 旅の効用 »

金融政策

日銀の国債引受けは禁じ手です。建設国債であっても。これが堂々と主張される状況に戸惑いを感じます。また、「インフレターゲット」という言葉が出てますが、政府主導で物価をきちんとコントロールできるとは思えません。行き過ぎになる可能性が大きいと考えます。本音ベースではそれが目的なのかもしれませんね。通貨供給量を青天井にして大幅なインフレを起こすことで逆に国債問題を解決していこうというシナリオでしょうか。それが正々堂々と語られる事態になったと状況整理しておくのがよさそうです。

|
|

« 地下鉄で席を譲られる (広州#3) | トップページ | 旅の効用 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/48031473

この記事へのトラックバック一覧です: 金融政策:

« 地下鉄で席を譲られる (広州#3) | トップページ | 旅の効用 »