« 都バス  | トップページ | トータル・リコール »

時代錯誤?

 ニュースも衆議院選挙の話題でもちきりである。出勤前に朝のニュースをぼんやり見ていたら、各党党首の街頭演説の様子がダラダラと流れていた。ふと「この人たちは何故こんなにがなりたてているんだろうか?」と思った。野田首相も選挙演説では俄然元気だ。政府の立場では慎重な受け答えをせざるを得ないが選挙となれば別とか言っていたのは笑った。マニフェストだか選挙公約だかを声高にマイクでさけぶのは簡単だ。これまで、選挙に当選してそれらをきちんと遂行してきた政治家がどれだけいるのだろうか。
 等と思いつつ、先日どこかで見かけた大前研一氏の米大統領選に関するコメントを思い出した。曰く「アメリカで大統領選があれだけ長期間に渡って行われるのは列車で大陸を回っていた時代の名残だ」として、今の交通機関の発達、メディアやネットワークの発達を考えると、選挙戦の制度自体を見なおしてもいいと思うという趣旨の事を言っていたと思う。
 ひるがえって、日本の選挙。街頭でマイクで大音響で叫ぶのは、今の時代いかがなものかという気もしてきた。お互いの誹謗中傷や耳障りのいいフレーズだけを繰り返し繰り返し叫び、細部の政策議論はそっちのけの人気投票の域を出ていないように見える。もっと体系的な政策の整理と、それらの比較に基づく真摯な議論をしないといけないのではないか・・・。
 等と思ったが、そういえば「大きな主語で語る」のはやめるんだったなと思い出した。彼らが何をしてくれるかではなく、まずは自分がどうするかを考えよう。いつの時代も政治はこの程度のものなのだろう。ただ、邪魔はしないでほしいという気はするが。

|
|

« 都バス  | トップページ | トータル・リコール »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/48099343

この記事へのトラックバック一覧です: 時代錯誤?:

« 都バス  | トップページ | トータル・リコール »