« コンビニ | トップページ | 情報発信が減ったのは »

北京の大気汚染

 このところ中国の大気汚染が随分ニュースに取り上げられている。しかし、上海に4年半住んだ経験から考えると、中国の大気汚染は今日に始まったことではない。大気だけでなく、農薬の問題や、海洋汚染の問題も深刻なはずだ。レストランでアサリのような貝の料理が出てきたので食べていたら、中国勤務の長い同僚に「勇気ありますね」と冗談を言われたことがある。貝は重金属等が随分たまっているはずだから中国で貝は食べない事にしていると言っていた。
 汚染が深刻な事は間違いないはずだが、報道のとりあげかたは何か、ここで騒いでやろう的な一時性を感じるがどうだろうか。他にマスコミが喜びそうな事件が起これば、またぞろあっというまに話題にしなくなりそうな気がする。あるいは北京あたりの住民自体が大気汚染に気づいて声をあげはじめたという事か。いずれにせよやや不自然な取り上げられ方のように感じている。

|
|

« コンビニ | トップページ | 情報発信が減ったのは »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/49523573

この記事へのトラックバック一覧です: 北京の大気汚染:

« コンビニ | トップページ | 情報発信が減ったのは »