« 三浦知良「サッカー人として」 | トップページ | おもしろいひとたち »

ジブリ作品

 TSUTAYA DISCAS でDVDを借りたりCDを借りたりしている。最近あまり見たい映画を思いつかないので、スタジオ・ジブリの作品をたてつづけに見てしまった。「紅の豚」、「耳をすませば」、「猫の恩返し」、「崖の上のポニョ」。
 先週末にBay FMを聞いていたら、良い感じの曲がかかっているなと思ったら、つじあやのの「風になる」だった。調べてみると「猫の恩返し」の主題歌だった。どこかで聞いたかなと思ったはずだ。イメージからすると「耳をすませば」の方がフィットする曲のような気もするが、それはそれとして、これらのアニメ、そして「風の谷のナウシカ」や「となりのトトロ」、「魔女の宅急便」等々、本当によくできているなと感心した。
以前、職場で「アニメの限界」といった話題になった時、「そんなことはない!宮崎駿の作品はすごくいいですよ。」と力説していた女の子がいたが、もう少し賛意を表しておけばよかったなと思った。一連の作品を見た後は、心の安らぎが得られる。
 そういえば魔女の宅急便の原作者である角野栄子さんの信条は「なにがなんでもハッピーエンド」だというのを思い出した。「なにがなんでもハッピーエンド!」なのだ。

「猫の恩返し」主題歌「風になる」

つじあやの「風になる」

|
|

« 三浦知良「サッカー人として」 | トップページ | おもしろいひとたち »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/51346713

この記事へのトラックバック一覧です: ジブリ作品:

« 三浦知良「サッカー人として」 | トップページ | おもしろいひとたち »