« iPhoneとKindle | トップページ | 壮大な無駄 »

現代の神風になるか

 向こう数年の時間帯は、日本の現代史の一つの分水嶺になると考えている。だが、大震災、原発事故の後、復興といいつつも、また安倍政権が誕生し「アベノミクス」と言われても、「何かが決定的に足りない」と感じていたものだ。それは「国民全体の前向きな気持ち」だと思っていたのだが、その意味で2020年の東京オリンピック開催はもしかすると今の日本にとって一種の神風になるのかもしれない。
 日本人はとにかくオリンピックが大好きな国民だ。それだけに、「オリンピックを目指す」という草の根からのムードは大変な力を生み出すと思う。それが7年間持続していくだろう。またそう期待したいと切に願っている。大震災後の「なでしこジャパン」のワールドカップでの優勝にも勇気づけられたが、「拾う神」もあるものだと感じている。
  逆に今回安倍首相が世界に向けて発信した放射能問題や財政問題へのコミットメントがゆらいだ場合のダメージは決定的だと思うが(英語でfatalという言葉はこういう時使うのかな)、まあその場合は正に「お終い(=checkmate)」という事になるのだろう。

|
|

« iPhoneとKindle | トップページ | 壮大な無駄 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/53185797

この記事へのトラックバック一覧です: 現代の神風になるか:

« iPhoneとKindle | トップページ | 壮大な無駄 »