« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

DNA解析

 最近読んだ本の中で、立て続けにDNA解析に関する記事が書かれていたので、ちょっと驚いた。人間のDNAの解析の技術が進んでおり、今後いろいろな方面に大きな影響を及ぼしそうだというのだが、確かに考えてみると、ちょっと空恐ろしい状況とも言えるなという認識を持った。個人的にはこれまであまり考えていなかった分野だが、その影響の大きさからすると、少し注意してこの話題をフォローしておく必要があるなと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

四角いアタマ

 もう随分前から電車内の広告で日能研が「四角いアタマを丸くする」というものを継続的に出している。中学受験の問題を広告に使っているのだが、なぜかこれを見るとイヤーな気分になる。概ね電車で立っている時は疲れている場合が多い事もあるのかもしれないが、そこにしゃらくさい中学受験の問題を見せられて、「こんな問題が出てるんですよ、大人でもなかなか解けないですよね」的な雰囲気がすごく嫌なのだ。という事で、この広告は見ない事にしている。時々明らかに解答を考えているようなおじさんがいたりするが、元気な人だなと思わず顔を見たりしてしまう。その意味ではそれなりに塾の宣伝にはなっているのだろうが、私のような人間には逆効果だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ヘッドセット

 Jabra EASYVOICEというヘッドセットを買ってみました。アマゾンで2,288円。iPhoneで電話する時使ってますが、これは結構便利でした。電話中も両手が空くのと、会話の途中でiPhoneで何か見たい時も、話を続けながらiPhoneを見ながら操作できます。小さいデバイスなのでおそらく耳にひっかける部品が最初に壊れそうなのと、電池の寿命もさほど長くはないだろうなという感じはします。ただ、スマートフォンで電話する時、形がどうもすっきり手に馴染まなかったので、それに比べると随分楽になりました。マレーシアの家内とSkypeやLineで通話する時も、PCを操作したり家事をしながらハンドセットで話せるので助かります。こちらの声もきちんと聞こえているようです。出勤時は背広のポケットに入れて、昼休みに屋外で事務的な用事で電話する時も便利に使っています。音楽を聞くにはちょっと役不足ではありますね。
Jabra_easyvoice_a2dp_
(アマゾンのサイトより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

戸籍抄本

 ある手続きに必要となり戸籍抄本をとらなければならなくなりました。とはいえ、平日は仕事のため区役所には行けず、日曜も月に2回しかやっていないので、間に合わないため、ネットで調べて郵送で申し込む事にしました。
 区役所のホームページから郵送用申請書をダウンロードして記入し、運転免許のコピーと定額小為替とかいうものを450円、それに返信用封筒を入れる必要があります。
 平日帰宅後、夜の9時ころ荒川郵便局の夜間窓口に行って、定額小為替をお願いしますと言うと、それはゆうちょ銀行の方なんで夜はやってませんとのこと。「はあー?」と思いつつ、往復の封筒用の切手82円×2枚を購入してとりあえず帰宅。(荒川区役所は荒川郵便局の前なので、昼間に来られればすぐに手続き終わってしまうので、余計腹立たしい。) 翌日、昼休み時間に仕事場の隣の郵便局に行って定額小為替450円お願いしますと言うと、手数料100円ですと言われ、「はあー?手数料かかるんですか?」と言いつつ550円を支払い、たかが戸籍抄本1枚に合計714円と、随分な手間がかかってしまいました。
 考えてみると、毎月毎月高い地方税を払っているのに、こんな紙切れ一枚くらい、手数料無料で発行してもいいんじゃないとちょっと思った次第でした。事務的にはもうちょっとどうにかなりそうな気もするのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

さいたま新都心

 ちょっと用事があって、さいたま新都心という所に初めて行ってきました。行きは三河島から上野にまわり、高崎線に乗ってみたのですが、気温が少し低かったせいか始発電車はドアが閉まっていて、手動で開けるようになっていました。開けたら閉めなければいけないのに、座ってから気づきました。
 さいたま新都心に着いて駅を出ると、デッキの大きな空間があり、目の前がスーパーアリーナ。今日は何か試合があるらしく、応援の人が随分いました。新しく開発された地域という感じで、広々した感じはちょっとお台場方面を彷彿とさせるものがあり、「へー、こんな所なんだ」と驚きました。
 用事をすませて帰りは京浜東北線から田端で山手線に乗り換え、西日暮里から千代田線で町屋に帰ってきました。町屋駅を出ると、さいたま新都心とは全くスケールの違う小さな街です。道も狭く家が建て込んでいる下町というのを改めて実感しました。比較するとミニチュア的な感じですが、これはこれで身の丈に合った街かなと思いました。「家に帰ってきたな」というホッとした感覚がありました。日常必要な店は殆ど徒歩圏にあり、自転車があれば生活には困らない。さいたま新都心とのコントラストが面白かった休日の外出でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「よく分からない」という心地よさ

 日本を出て海外に行くと、当然の事ながら日本語が通じないのが普通だ。テレビの番組も、あえて日本語放送を見るのでなければ英語やその他の言葉で流れてくる。新聞も雑誌もそうだ。
 考えてみると、この状態が自分にとっては結構「心地よい」と最近よく思っている。日本にいると、玉石混交のいろいろな情報が日本語で雑多に入ってくるので、「分かりすぎてストレスになる」という事だ。下らないニュースについても、その事に自分が何の影響力も無いにもかかわらずいろいろ批評的な観点で考えて無駄な時間を使い、かつストレスになるという悪循環に陥ってしまう。本質的な議論だけをすくい上げていればいいのだろうが、なかなかそうもいかない所がある。その意味で、時々日本語の通じない所にいくと、逆に爽快な気分になるとも言える。(実体は、それだけ外国語に堪能で無いという話でしかないのだが。)
 とは言っても、海外に住んで生活するのは苦労が多く、ましてや何かトラブルに遭遇するとたちまち窮地に陥ってしまうのはやっかいだ。言葉の問題や習慣の問題で、思うように事が進まないため、病気や怪我であれば可能であれば帰国して治療や手術するという事にもなりかねない。
 両者の間を行ったり来たりしながら毎日の生活を微調整するというのが私の目指すライフスタイルだ。今は東京の町屋をホームベースにしているが、これから先、そして最終的にどこに軸足を置くかは、これから考えればよいとのんびり考えている。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Vプレミアファイナルラウンド

 久光が優勝しました。昨年の決勝戦を見て、「これは暫く久光の時代になるな」と思いましたが、今年はセミファイナルで岡山にストレートで敗れ、ややいやなムードになっていました。とはいうもののやはり実力がありますね。今日のファイナルランドはきっちり修正し、3セット目は落としましたが、岡山に勝ち二連覇しました。

(ちなみに、プロ野球で最近クライマックスシリーズというのがあって、最終的に日本シリーズに出場するチームが必ずしもレギュラーシーズンの覇者でないということに違和感があるという人が結構いると思います。私もそういう感覚ですが、Vリーグのセミファイナル、ファイナルも同じような感じですね。レギュラーシーズンで1位だったチームが、セミファイナルの結果次第ではファイナルの3位決定戦にまわる可能性もある訳で、そういう逆転になった場合は、ちょっとスッキリしない感じがするでしょう。まあ、大会運営上そうなっているのだと思えばそれまでですが。)

Dscf0096
三位決定戦の東レ
Dscf0124
三位決定戦のトヨタ車体。 2番矢野。
Dscf0133
優勝戦まで1時間半あったので新宿御苑へ。
Dscf0154
久光。左から長岡、古藤、新鍋、岩坂。
Dscf0156

Dscf0170

Dscf0138

Dscf0200
岡山。2番山口、11番栗原
Dscf0181

Dscf0206

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

気の持ちよう

 今日は金曜日。ようやく一週間が終った。社会人になって「あー、今週も疲れたなー!」と言うこと早30数年。思えばいろいろな事があったものだ。この間、体調が悪い日も数限りなくあったが、幸い仕事を病気で休んだ事がないのは、比較的体が丈夫らしいのと、家内が作ってくれた食事や健康管理のおかげかなと感謝している。このところの自炊生活が今後どう響いてくるのかやや自信はないが。
 さて「気の持ちよう」と題したのは、今週、ちょっと気が重い事を考える必要があったのだ。なんとなく気分的にはこれを是非やりたいなと思いながらも、それを中心に構成すると気分的にスッキリしない感じがしていたのだが、週末のリラックスした気分でボーっと思いをめぐらせていたら、何となく道筋が見えてきた。やりたい事が大小いくつかあるのだが、このケースではそれらのバランスをうまく調整して、総合的な満足感を最大にする事を考えればいいのだと思った。
 なるほど「物は考えよう」、「気は持ちよう」だねという気がしてちょっと愉快な気分になった。やはりリラックスした状態、リフレッシュした状態というのは大事だと改めて思った金曜日となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

電子辞書 シャープのPW-AC30

 シャープの電子辞書 PW-AC30を買ってみました。以前持っていた電子辞書をマレーシアに行った末娘に持たせてしまったので、時々不便を感じていました。iPhoneやPCで済むといえば済むのですが、やはりまだ痒い所に手が届かないという感じで、Amazonを物色していた所、1万円弱のこの製品を見つけた次第。3〜4万円するものが多い中、これはダメ元と思って買ってみたのですが、なかなかの優れものでした。
 中国語の手書き認識にも対応しており、国語辞典、英和・和英も使えるので超便利。二つ折りではないので、スマートフォンのように片手でも使えます。プラスチックの筐体が大変チープでちゃちですが、その分大変軽く、持ち運びに便利。中身と機能は日常使うのには十分でした。電子辞書の市場もおそらく先細りだとは思いますが、これはしばらく愛用品になりそうです。

Pwac30w

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

V・チャレンジマッチ

 Vリーグの入れ替え戦であるV・チャレンジマッチの一日目を観戦してきました。場所はさいたま市記念総合体育館。浦和駅からバスで30分弱行った所で、随分立派な施設でした。女子はプレミアからJT、パイオニア、チャレンジからデンソーと上尾が出場していました。第一試合がパイオニアとデンソー、二試合目はJTと上尾。オッと思ったのは、デンソーでリベロの佐野がプレーしていた事です。やはり名選手ですね。小柄な選手ですが、存在感がありました。周囲の選手と交錯しそうな場面が何回かありましたが、佐野の守備範囲が広いのでしょう。佐野が取った方がきれいに返ったんじゃないかなと何回か思いました。デンソーは井上、大竹らも元気がよく、パイオニアにストレート勝ちしました。試合後、次の試合のためにアリーナに入ってきたJTのセッター橋本選手が、引き上げる佐野選手に声をかけて握手していたのが印象的でした。
 JTと上尾の試合は、フルセットの末になんと上尾が勝ちました。今年はデンソーがチャレンジリーグに落ちていましたが、この調子だとパイオニアあるいはJTはピンチかもしれません。チャレンジマッチは厳しいですね。各チーム必死です。試合後、JTを応援していたおじさん達が、「チャレンジになったら辺鄙な所でやるから皆勤賞は難しなあ」と心配していました。
 来週末は東京体育館でプレミアのファイナルラウンド。決勝は久光と岡山。レギュラーラウンドで久光に全敗した岡山がセミファイナルでは久光を下しました。その影響がどう出るか楽しみな試合です。

Dscf0053

Dscf0056
デンソー、左から井上、佐野、鈴木
Dscf0060
3番大竹、注目の選手です。
Dscf0059

Jtdscf0075
JT。こちらを向いているのがセッター橋本

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

アップルの神対応?

 先週末にPCがいきなりダウンして、うんともすんとも動かなくなった。電源が入らず、ケーブルも充電していない様子だった。
 お古のiPadを使ってネットで対策を調べていくつか試みてみたが、全く反応が無いので困ってしまった。暫くPC無しでiPadとiPhoneで生活してみようかとも思ったが、やはり不便だ。いっそのこと、かねてからの懸案であったMacbook Airを消費税増税前に駆け込み購入するかという思いもちょっとよぎったが、10数万円するものをヒョいと買う訳にもいかぬ。
 という事で、ネットで銀座のアップルストアのGenius Barに予約を入れ、重いMacbook Proをかばんに入れて出勤し、仕事帰りに銀座にでかけてみた。時間調整後、アポを入れた7時15分に店内で「予約して来たんですけど」と言うと、「では4階になります。ちょうどあそこにエレベーターが来たのでどうぞ」と案内された。4階に行くと、人でごった返している。スタッフに予約の件を告げると、「中央のテーブルあたりでお待ち下さい」と言われたが、中央に進むまもなく、「7:15の予約の方」と呼ばれて、相談カウンターに案内された。応対してくれたのは30前後の賢そうなお姉さんで、「電源が入らないんですけど」と言うと、店側の電源ケーブルにPCをつないで様子を見てくれたのだが、何故かちゃんと起動する。「電源はコンセントにつないでますか?」と言うので「いえ、タップにつないでますが。」と言うと、「お使いの電源コードを見せて下さい」ということで、これをチェック。「コードは問題無いので、おそらくタップが悪いんですよ!」と明快な回答。「充電もゼロになっちゃってます」というので、そういえば、iPhone用の予備バッテリーに給電するためにUSBにつないだ途端、PCの電源が落ちたようなので、殆どバッテリーが無くなっていたところに給電したのでプツッといってしまったのだろうという事になった。おまけにタップの不良で、充電ができなくなっていたようだ。「一応PCにテスト・ツールを流してチェックしてみます」ということで、10分弱のテストを実施して、PCに異常は無いというを確認してくれ、めでたく診断を終わった。トラブル自体はお恥ずかしいレベルの話だったが、複雑な修理が必要なかったので大変助かった。このMacbook Proも3年目に入り、途中マレーシアに持っていったり、2回ほど派手に床に落としたりしているのだが、致命的なトラブルにはなっていないようだ。
 以上、店に入って約20分くらいの検診だった。スマートなお姉さんがテキパキと対応してくれ、無料であっけなく終った。アップルさすがだねと感心しながら、また重たいかばんをかついで帰路についた。やはり次はMacbook Airだなと思いつつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ゴルフ女子アマ柏原明日架選手 その2

 先週の女子ゴルフ、アクサレディースでアマチュアの柏原選手が4位に入った。アマチュアの最年少優勝記録が期待されたが、ちょっと届かなかった。実は2010年7月10日の記事で、柏原選手の事を書いたことがある。もう4年近く前になるのだが、日本女子アマ選手権に出場していた柏原選手の「面構え」が大変印象的で、これはトップクラスの選手になるなと思ったのだが、久しぶりに見た柏原は、プロを相手に見事なラウンドだった。少し前に台湾で開催された試合でも新聞に名前が出ていたので、「ようやく出てきたかな」と思っていたのだが、じきプロテストを受けるのだろう。これからが楽しみな選手だ。

柏原明日架選手

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

重曹生活

 三女との二人暮らしになって、早1年9ヶ月になろうとしている。炊事、洗濯も概ね一週間単位のペースができたのだが、食器洗いはやはり面倒だ。基本的に洗剤はあまり使いたくないので、殆どお湯とスポンジで洗ってしまう。ただ、シンクやコーナーの生ごみ入れはどうしても汚れが落ちにくいので、ついに重曹を使ってみようという気になった。「重曹徹底使いこなしアイデア212」なる本を購入し、どんなものかをまず研究。掃除、洗濯のみならず、消臭や、はたまた料理そのものにも使えるという、万能の粉ではないか。
 ということで、さっそく重曹を購入して、ガスのレンジまわりとシンクを掃除してみた。やる気になるとそれなりに集中するもので、20分ほどでかなりきれいになった。化学的に作られたものではないので、安心して使えるような気がする。これはまた生活の知恵が一つ増えたと喜んでいる。主婦の人には常識なんでしょうけどね。なにを今更という感じでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »