« 「よく分からない」という心地よさ | トップページ | 戸籍抄本 »

さいたま新都心

 ちょっと用事があって、さいたま新都心という所に初めて行ってきました。行きは三河島から上野にまわり、高崎線に乗ってみたのですが、気温が少し低かったせいか始発電車はドアが閉まっていて、手動で開けるようになっていました。開けたら閉めなければいけないのに、座ってから気づきました。
 さいたま新都心に着いて駅を出ると、デッキの大きな空間があり、目の前がスーパーアリーナ。今日は何か試合があるらしく、応援の人が随分いました。新しく開発された地域という感じで、広々した感じはちょっとお台場方面を彷彿とさせるものがあり、「へー、こんな所なんだ」と驚きました。
 用事をすませて帰りは京浜東北線から田端で山手線に乗り換え、西日暮里から千代田線で町屋に帰ってきました。町屋駅を出ると、さいたま新都心とは全くスケールの違う小さな街です。道も狭く家が建て込んでいる下町というのを改めて実感しました。比較するとミニチュア的な感じですが、これはこれで身の丈に合った街かなと思いました。「家に帰ってきたな」というホッとした感覚がありました。日常必要な店は殆ど徒歩圏にあり、自転車があれば生活には困らない。さいたま新都心とのコントラストが面白かった休日の外出でした。

|
|

« 「よく分からない」という心地よさ | トップページ | 戸籍抄本 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/55863826

この記事へのトラックバック一覧です: さいたま新都心:

« 「よく分からない」という心地よさ | トップページ | 戸籍抄本 »