« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

職人技

 同じ床屋さんにもう何年も通っている。70代のおやじさんが一人でやっている田端の床屋なのだが、仕事がていねいで、身のこなしもきびきびしていて気持ちがいい。ちょっと遠いが、2ヶ月に一度くらいしか行かないので、まあいいかと思っている。田端から町屋に越してから数年は地元の床屋に行っていたのだが、そこも年配のご夫婦がやっていて、そのうち廃業してしまったので、以前田端に住んでいた時に通っていたお店に戻ったのだ。
 散髪と、洗髪、ひげも剃ってくれるのだが、かみそりは昔ながらの一枚刃で、ていねいにあたってくれる。一連の作業は職人技なのだが、ひげそりあとはしばらくヒリヒリする。普段は朝にシャワーをあびて、その際に四枚刃のカミソリでひげをそっているのだが、最近のカミソリは高性能で、殆ど痛みがない。床屋の一枚刃に比べても、個人的には自分でひげそりした方がいいかなと思うくらいだ。ラクチンな床屋の椅子でひげをあたってウトウトしながら、職人さんの技が活きる場所もこうしてだんだん減っていくのかな等と考えている。そんなこんなをのんびり思いながら過ごす1時間が貴重だと感じるので、またなじみの床屋にかよってしまうのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

年間の遊び計画?

 昔、大前研一の本を読んでいた際、毎年初にその年の年間のプライベートな計画を立ててしまうという事を書いていた記憶がある。当時の私は前の職場で猛烈に残業、休日出勤をしまくっていた年代だったので、そういう人もいるんだね等と思っていたのだが、私自身も現在は仕事のペースもガクンと落ちて、ほぼ残業無しの毎日(それでも老骨には結構疲れるのだが)。プライベートでは去年、今年はクアラルンプール行きの飛行機を前の年末までに殆ど予約しているので、その意味では年間の遊び計画はかなり立てていると言えなくもない。マレーシアに行くのは三連休と夏休みだけだが(と言っても年間8回くらいになるので、延べ30日くらい)、これに加え、通常の週末にバレーボールの試合を予約したり、この間は近くのサンパール荒川で開催される柳家小三治の独演会の3ヶ月先のチケットをとったりして、結構毎月ポツポツとイベントを置いて楽しみにしている。ネットで簡単にイベントの予約が取れるようになったので、どちらかと言えば出不精の私でもちょっと行ってみようかという気になるのがありがたい。
 マレーシアのビザをとる前年は「新しい事にチャレンジする年」といって、太極拳やら何やら、結構いろいろな事をやってみたのだが、家族がマレーシアに行ってしまった後は、平日は仕事と家に帰って最低限の家事、週末に洗濯、掃除等をしながら骨休みしながら、三連休にはマレーシアで過ごし、時々他のイベントに出かけるといったライフスタイルになっている。こういった生活もそろそろ2年になるので、今年後半は趣向を変えようかとも思い、いろいろと思いを巡らせている所でもある。そういう意味では結構飽きっぽいのかもしれない(笑)。

Photo
家内と末娘が夏休みで帰国した際に、久々に
家族全員で軽井沢に出かけてみました。
こういった機会もあと何回あるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »