« ゴキブリ | トップページ | 浅草探訪 »

クアラルンプールで過ごす週末

 敬老の日の三連休でクアラルンプールに来ている。今年に入って5回目になるが、現地に家族が居るので、パスポートとエアチケット、空港からアパートまでのタクシー代だけ持って出かけるだけの気軽な旅だ。
 空港からのタクシーは1800円くらい。バスで行けば400円くらいで済むのだが、1時間以上長くかかるのと、夜行便で疲れて早朝着くので到着時はタクシーを使っている。帰国時の空港まではバスを使っている。リンギットも家族が現地で両替したものを毎回少額持って帰るので、自分で両替する必要がなく楽チンである。 
 とはいえ、金曜に1週間の仕事が終わってから夜出るのはちょっとしんどい。帰国が月曜の深夜になるので、火曜以降の仕事ために洗濯等を平日に済ませておく必要もあり結構忙しい事になる。という事で、今回も夏の疲れもありバテ気味で出発してきたのだが、夜行の飛行機は結構うとうとできて、アッという間の7時間だった。
 こちらに来ても、特に観光をする訳でもなく、併設のジムやプールで運動して、後はアパートで昼寝するくらいののんびりした時間を過ごしている。大体1冊本を持ってきて読んでいるが、この所、それに関連した本をKindleでダウンロードして読むパターンが多くなってきた。今回は新しい本を買う暇がなかったので、以前読んだ日下公人さんの「思考力の磨き方」をデイパックに放り込んできたのだが、すぐに読み終わってしまったので、PC(今回はMacbookを持ってきた)から「優位性思考で世界に勝つ」をダウンロードして、iPhoneのKindleアプリで読んでいる(今回はKidleのPaperwhiteは今回は家に置いてきたが、スマートフォンも画面は小さいものの、これはこれで軽くて便利である)。 
 以前、リー・クアンユーの本もこちらでダウンロードして読んだのだが、海外でこの手の本を読むと、日本国内で毎日の生活の中で読むのとは違った形で腑に落ちる部分がある。日常とは少し間を置いて物を考えたり感じたりできるのは旅の効用だろう。疲れた体で出かけてきて、帰国すれば翌日から仕事の忙しい日程、経済的な負担もそこそこあるのだが、その負担感に変えられないものが得られるような気がするのだ。そこから何をアウトプットできるか、今は分からないでいるのだが。

Kl14092_2
コンドを出て近くのショッピングモールまでの道。
高架のバス用道路を建設中。
Kl140914
バスはこの一帯を循環するというが、我が家に
とっては便利になるのかどうか、よく分からない
ところ。

|
|

« ゴキブリ | トップページ | 浅草探訪 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/57370210

この記事へのトラックバック一覧です: クアラルンプールで過ごす週末:

« ゴキブリ | トップページ | 浅草探訪 »