« 北枕 | トップページ | サッカー日本代表 »

バレーボールプレミアリーグ

 Vプレミアリーグの女子ファイナルステージ、久光vsNECの試合を今日はテレビ観戦しました。ここ2年は東京体育館まで出かけていたのですが、今年はチケットを買いそびれてしまったのと、このところちょっと疲れ気味なので週末は家でゆっくりしたいと思った次第。
 今日は女子バスケットのWリーグの決勝リーグのJX vs富士通の第二戦もBSで午後1時から中継されていたので、その辺からテレビをちらちら見ながら、途中昼寝も挟みつつ結構な時間テレビをグータラ見ていました。
 それはそれとして、久光が順当に優勝すると思いきや、第一セットはとったものの、第二セット以降はいい所なくNECに圧倒されてしまいました。敗因の原因はいろいろあるのでしょうが、見ていて印象的だったのはNECの選手にチーム一体となった「勢い」があったという事でした。古賀選手ら若い選手が躍動していました。
 実は3月に、大田区総合体育館で行われたプレミアリーグのセミファイナルの試合を見に行ったのですが、その時の上尾メディックスとの試合は勝ったものの、いくつか気になる点はありました。特に新外国人のミハイロヴィッチ選手が出番も少なく、何となくチームにとけ込んでいない印象がありました。今日の試合でも殆ど出場時間がなく精彩に欠いていたのですが、怪我で今日の試合に出ていなかったNECのイエリズ選手が控え選手のゾーンで他の選手とともにチームに声援をおくり、優勝が決まった瞬間に大喜びしていた表情が対照的に印象的でした。スポーツの試合は本当に「流れ」があると思いますが、今日の試合はNECの完勝でした。
 ちなみに余談ながら、久光の狩野選手はセッターに転向して数年たつと思いますが、中田監督が高さのあるセッターとして育てているようです。両足のアキレス腱を交互に切断するという大けがを乗り越えた選手ですが、先日の試合で遠目に見たところ膝下が極めて細いのに驚きました。怪我の影響で筋肉がつきにくいのかもしれないのかよく分かりませんが、これはかなり厳しいなあという感じでした。久光のセッター古藤も今日の試合はあまり機能していない感じで、その辺は久光の課題かもしれません(素人が勝手な事を言ってますが)。

|
|

« 北枕 | トップページ | サッカー日本代表 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/59525714

この記事へのトラックバック一覧です: バレーボールプレミアリーグ:

« 北枕 | トップページ | サッカー日本代表 »