« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

そばさし

浅草で友人と会食した際、そば屋さんで「そばさし」なるメニューがありました(写真)。初めて食べましたが、これがなかなかの逸品でした。まだまだいろいろな楽しみがありますね。
Photo
手前は「そばサラダ」。お酒は「そば湯割り」で、
しめは当然せいろです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ワイヤレスイヤホン

この間、スポーツをする際に使えるというワイヤレスイヤホンを買いました。ジムでランニングする際に使ってみましたが、これがなかなか優れものでした。通勤時にも使っているのですが、音も今まで使っていたイヤホンと遜色無く満足しています。(まだ一般的には外で使っている人はあまり見かけないので、変なおじさん風ではありますが。)
一つ注意すべきは、スマートフォンと同期しないまま音楽を鳴らすと、当然スマートフォンが鳴りだすという点。この間、電車に乗って、席に座ってワイヤレスイヤホンを耳にかけてスマートフォンで音楽をかけた所、何か音がおかしい。変だなと思っていたら、隣のおばさんがチラチラこちらを見ています。そのうちたまりかねたように「音が丸聞こえですよ」と言ってきました。イヤホンの電源がうまく入っていなかったらしく、スマートフォンがガンガン鳴っていて、赤っ恥をかきました。まあ曲がアイドル系じゃなかったのが不幸中の幸い(笑)。その後は電源ONをしっかり確かめています(汗)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

話しながら考える

人と話をしながら、自分の考え方が整理されることがよくあります。物を書くことも頭の整理に役立つと思うのですが、相手が頭のいい人で掛け合いのような会話が成立すると、一人で考えているよりもずっと建設的にアイデアがまとまったり発展したりします。
昨日は、大学の同級同窓の人たちと年に一度浅草を散策して会食するというイベントに行ってきました。基本的には浅草の歴史に思いを馳せながら1〜2時間界隈を散歩し、地元に住む幹事役をいつもやってくれている人の馴染みの店で食事をしながら一杯やるというまったり系の集まりなのですが、昨日は民主主義とか資本主義、マーケットの問題等々、少し学生の頃のような会話のやりとりも少しありました。
私も多少持論を展開したのですが、うまく話ができなかったなと思いました。言いたい事をうまく言葉で表現するのはなかなか難しいのですが、実際に言葉にしてみると、なんとなく思っていた事が言葉にならないので、ここはもう少し頭の整理をしなければいけないなというポイントがクリアーになります。という事で、友人達には私の言いたい事がうまく伝わらなかったなと思いますが、私自身は少し頭の整理ができました。また機会があれば、もう少し分かりやすく話ができるようにしておきたいと思います。そういう意味でも気のおけない友人と言いたい事を言えるというのはありがたいものだと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

食料自給率

日本は食料自給率が低いと言われています。一方で、例えば米だけあっても、それを炊く燃料がなければ意味がないのだから、米の自給率だけ考えていてもしようがないという話もあります。それぞれ一理あるとは思いますが、私個人的には、そもそも「食料自給率って何?」という素朴な疑問があります。ざっくり言えば、必要な量あるいはカロリーに対し、国内で生産可能な量がどのくらいかという事なのでしょうが、「必要な」という所からしてよく分かりません。自給率50%と言うのであれば、食べる量を半分に減らせば100%になるんでしょうか。一方で、かなりの食料が廃棄されているという実態(商店で売られている食べ物のかなりの量が、よく分からない賞味期限切れの前に捨てられている)もあるのでしょうから、この話はもっと総合的な議論がなされるべきだと思います。プロパタンダには100%既得権にからんだ思惑があると考えていますが、食料自給率の話も、かなりうさんくさいというか、片手落ちな話が多いように感じています。例えば、戦時下あるいは戦争後に、庭で芋を育てて飢えをしのいだといった話がありますが、つきつめて言えばそういう話ですよね。ピンキリの話をすれば、貨幣経済の枠組みが崩壊した時は物々交換になったり、自国通貨が紙切れになって、米ドルや外国の基軸通貨が平気で国内で流通するといった事態が起こる訳で、個人ベースでは「その時どうする」と想像した方がよほど現実的なソリューションのような気がしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

誤訳

 シンガポールの建国50周年にちなんだ特集を日経新聞で先日組んでいた。切り抜きしていないので勘違いがあるかもしれないが、その中のみだしの一つに「忘れない、しかし許そう」といったものがあったと思う。ちょっと気になったので調べたところ、ただしくは"forgive but not forget"である。「忘れない」と「許す」の順序が逆になっていたのだ。
 これは誤訳である。意識的に逆にしたのであれば、よろしく無い。「忘れないが、全て許そう」といった寛容なニュアンスの話ではなく、「経済的なメリットを考えて外交上はひとまず友好的にやろう、だけど決して忘れちゃいないよ」という微妙なバランスの上に成り立っている話は全く違うと思うのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ジンの効用

 ということで、先週は随分疲れた一週間だったのですが、あいかわらず夜は一杯飲んでました。実家に日本酒があったので、しばらくそれを飲んでいたのですが、どうも寝覚めがよくないので、疲労困憊の金曜は「ビールじゃないないな、日本酒じゃないな、焼酎じゃないな」という事で、帰宅時に久しぶりにジンを買ってみました。他のお酒が今ひとつしっくりこないどっと疲れた晩にジンはピタリとはまるお酒であります。体はかなり酔いますが、頭は比較的クリアーで、自分には(気のせいか)胃腸にもいい感じ。焼酎と同じく翌朝の寝覚めもすっきりしています。
 実家の近くのコンビニにはギルビーの小瓶しかなかったので、それは半分飲んで実家に置いてきました。町屋に帰り、今日はさっそく近くのカクヤスに行き、これもまた久しぶりにボンベイサファイアを買ってみました。いつもは可もなく不可もない無難でオーソドックスなビーフィーターを飲んでいるのですが、今日はちょっと趣向を変えてみました。これはこれでなかなかいけますね。
 以前も書いた事がありますが、世界のバーテンダーのかなりの割合の人がマティーニを作るのにビーフィーターを使っているようですが、私の高校の同級生が銀座7丁目でやっているカクテルバー「ブルーモルフォ」ではマティーニにボンベイサファイアを使ってます。最初に頼んだ時に「ジンは何にする?」と聞かれて、「おまかせ」と言ったような気もしますが、以後ずっとボンベイサファイアで出してくれてます。
 カクテルバーでは必ずマティーニを頼むのですが(シンガポールのロングバーでもマティーニを頼んで、シンガポールスリングを飲み損ねたのは以前書いたとおり)、個人的には随分舞えからマティーニにオリーブはいらないと思ってました。見栄えはいいんですが、オリーブの味がカクテルに合わないんですよね。ブルーモルフォでも「オリーブ要らない」と言おうかと思っていたのですが、このところ、オレンジピールでグラスの周りに香りをつけて、そのままオリーブの代わりにグラスに放り込んでくれます。オリーブ要らない派の私にとってはなかなかグッドです。



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

忙しかった一週間

 先々週の土曜深夜に帰国し、日曜は家で過ごし、先週は月曜から出勤。火曜から昨日の土曜まで実家に泊まってきました。兄が父と二人暮らししているのですが、兄が3日間旅行にいくということで、代わりに留守番をしていました。しかし水曜の昼、父が心臓の調子が悪いと仕事場に電話をかけてきたので、午後休をとって実家に帰り、そのまま病院に連れていったりしていました。兄も旅行をとりやめて帰宅しましたが、幸い心筋梗塞等の緊急の事態ではなく、入院もせず帰宅する事ができました。
 今の実家は私が大学の時に建てて引っ越したもので、私自身は2〜3年しか住んでいませんでした。考えてみると、就職して家を出てからもう36年ほど経過、結婚してから数えても32年経過しているので、親兄弟と暮らした時間よりも家内と子供と過ごした時間の方が長いという年代になってきました。また、今回はクアラルンプールから帰国してすぐ実家に行き、毎朝2時間かけて通勤した事もありすっかり疲れてしまいました。
 昨日ようやく町屋の家にもどりましたが、一緒に住んでいる三女がその日の午後夏休みでアメリカに旅行に行ってしまったため、しばらくはまた一人暮らしとなります。疲れもあるのか、腰が随分重い感じで少し痛むので、今日はジムで走ったりして体を動かしてきました。自分の家はやはり気楽です。
Photo
横須賀線の車窓より。護衛艦が少し見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

帰国

昨晩帰国しました。台湾周辺の台風の影響で航路を変更するということで出発が1時間ほど遅れ、羽田にも11時15分に着陸、かろうじて電車で帰宅する事ができました。
東京はやや気温も下がっているようで、覚悟していたほどの暑さではなくホッとしました。
KLセントラルから空港までのバスは座席の周りがアラブ系のおじさんで取り囲まれ、前の人はリクライニングをいきなりおもいっきり倒してくるし、隣はガタイのでかいおやじが2人席の三分の二くらいまで押してくるし、なぜかゴホゴホ咳き込むしでさんざんでした。彼らは人に迷惑をかけているという感覚も無いのでしょう。繊細さの無い連中だなと憤慨していたのですが、飛行機の隣席は、これまたアラブ系かなと最初思ったほど風変わりな日本人のおじさんで、ややうっとおしかったので、どこも似たりよったりか等とあきらめの心境でした。浜松町から乗った京浜東北線がまた酒臭く、日本はこれだからねえと思ったのですが、自分も普段は酩酊して電車に乗っているので、人の事は言えません。
午前1時過ぎに家について、ビールを飲んで2時半くらいに休みました。今日は1日ゆっくりして、明日からまた仕事に励みます。やれやれ。
Photo
四女が引っ越す友達から譲り受けたハリネズミ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

イスラム美術

イスラム美術館に行ってきました。クアラルンプール駅から徒歩で約10分くらいの所。国立モスクを通り過ぎてすぐの所でした。
各国の代表的なモスクの模型や、古いコーラン等々が陳列されており、普段あまり縁のないイスラム美術に新鮮な刺激を受けました。中国にもイスラム寺院があり、陶器にコーランの一節が描かれていたり、掛け軸に墨でアラビア文字が書いてあるもの等、意外なものも多く、興味をそそります。幾何学模様の美しいデザインに魅了され、文化的な時間を過ごす事ができました。

Kl
コンドからバスでパサール・スニまで行き、クアラルンプール駅
構内を通り抜けて行きます。
Kl_2
クアラルンプール駅外観。今では隣にできたKLセントラル駅
が表玄関になっていますが、それまではここが中心だったとのこと。
建物は相当老朽化してメンテが追いついていませんが趣があります。
Photo
国立イスラム美術館
Photo_2
古い立派なコーランがいくつも展示されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

泥が合流する場所

写真はクアラルンプール市街を流れるケラン川とゴンバック川の合流地点です。クアラルンプールはマレー語で「泥が合流する場所」という意味で、ここがKLの歴史発祥の地と言われています。KL市最古のイスラム・モスクであるマスジット・ジャメが建っています。
現在はこのような状態で、知らないと行き過ぎてしまうような場所ですが(マスジット・ジャメは有名です)、そのうち河岸をきれいにして、歴史的な場所として観光スポットに整備されるでしょう。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

抜き書き

KindleのYour Highlight を本毎にコピーしてメールに貼付け、自分のGmailに一冊分ずつ送信。以前作ってあった本の抜き書き用のフォルダに集めてみた。
以前は、ポメラで一生懸命手打ちしていたのだが、Your Highlightのおかげで労力が全然少なくてすんだのはありがたい。
これで、iPhoneからGmail をのぞけば過去の抜き書き集をいつでもどこでも手軽に読む事ができる。

Photo
「リー・クアンユー世界を語る」からの抜き書き。

シンガポールの歴史をひもとけば、イギリスは150人程度の小さな漁村しかなかったシンガポールを、ジョホールの王様から割譲を受けたのだが、彼は老後の生活の保証等も得られたことで、何も無いこの地を喜んで手放したらしい。イギリスが「申し分のない不動の主人」という表現はその後のイギリスの所業を考えるといかがなものかと思うが、リー・クアンユーの日本に対する感情はよく読み取れる。同じくアジアの強力なリーダーであったマレーシアのマハティールとは全く違うスタンスの人物だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

バナナリーフ

 ハイキングの帰りに、インド系の店で遅い朝食をとりました。バナナリーフに乗せて食べるのですが、家内の友人(中国系マレー人)によると、この店はインド系のムスリムの料理という事で、ビーフもポークも出さず、肉はチキン、マトンでした。Fish Eggと言ってましたが、タラコを揚げたようなものもあって珍しかったです。バターで焼いたお好み焼きかチヂミのようなものの中にバナナがはさんである粉ものが結構ボリュームがありました。(多分ロティーの一種だと思います。)
 食べ終わってからバナナリーフを向こうから手前に二つ折りにして席をたつと「おいしかった」を意味し、手前から向こう側に二つ折りにすると「あまりよくなかった」という意味になるという話はちょっと面白かったです。初めて聞いたので、今度バナナリーフを食べる機会があったら周りを見てみたいと思います。

Kl20150803_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

レインフォレスト

 家内の友人に、コンドミニアムから車で20分くらいのハイキングコースに連れて行ってもらいました。こんな近場に熱帯雨林の公園があるとは思わなかったので驚きました。昨晩降った雨もあがり、早朝の山は爽やかな空気に満ちていました。ボルネオに行ってもおそらくこんな感じなんだろうなと思うと、遠くに行く必要もないかなと思えてきます。といっても、クアラルンプール周辺は、こういった自然がどんどん無くなってきているのは、発展している他の大都市と同様です。公園の外側は大きな家が立ち並ぶ住宅街が隣接していました。
Kl20150803

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年夏休み

 この週末から1週間の夏休みをいただいています。
 金曜の夜行便でマレーシアに来ています。今回は特に出歩く予定はなく、家内と四女が借りているコンドで1週間過ごす予定です。コンドミニアムの周辺も開発がどんどん進んでいて、いくつもの高層マンションが建設中。一帯を循環する高架のバス路線も開通しています。バスの方は7月末までお試しの無料乗車期間でしたが、8月から有料運行が始まりました。これが通常のバスの2倍以上の高額なのでびっくり。2停留所乗って2.5リンギットでした。この価格設定が続くのかどうか、早くも巷間の話題になっています。

Kl1508012
あちらこちらで高層マンションが建設されています
Kl150801
有料運行が始まったバス路線

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »