« コンテキストの時代 | トップページ | サンダーバード »

Why Japanese people?

厚切りジェイソンことジェイソン・ダニエルソン氏へのインタビュー記事がちょっとおもしろかった。日本企業の、クラウド上で展開されるサービスへの取り組みにスピード感が無いという事を言っているが、私の仕事ともオーバーラップしている話で、うなずける点がある。中国で仕事をしていた時、東京の本社のスピード感が、現地で中国当局と対峙したり、中国企業と仕事をしたりするのに必要となるスピード感と違いすぎて、間にたつ駐在員は皆苦労していたものだ。本社におうかがいをたてないと何もできないというのが日本企業(特に大企業はその傾向が強い)、その本社がおおむね現地の事をあまりよく分かっていないのだから現地では苦労する。
一方で、ある案件で日本から進出してきた会社が「本社の決裁をとるので少し待ってほしい」と言うので、「どのくらい時間がかかりますか」と聞いたところ、翌日には「社長決裁とれました」と、「◯◯社の□□を導入したい」というファックスのメモに社長さんが「OK」と書いて返信してきたものを持ってきてくれてビックリした事がある。なので、日本企業はスピード感が無いというのは一般論では語れない所がある。そういう意味ではこの時代、「大企業」の舵取りはなかなか難しく、逆に言うとクラウドの進化とともに個人や小さなチームの可能性がどんどん大きくなっているのかもしれない。

日経コンピュータ記事

|
|

« コンテキストの時代 | トップページ | サンダーバード »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/61587492

この記事へのトラックバック一覧です: Why Japanese people?:

« コンテキストの時代 | トップページ | サンダーバード »