« 日本女子オープンゴルフ選手権 | トップページ | デザリング »

映画「エベレスト」

体育の日の三連休でクアラルンプールに行ってきました。土曜の夜はまたマレーシア・フィルの演奏会に行き、日曜の午後は映画「エベレスト」を観てきました。
「エベレスト」は、山の美しい映像が観られるのかなという軽い気持ちで予備知識なく行ったのですが、結構憂鬱な映画でした。
1996 年に実際にあったエベレスト大量遭難を描いたもので、日本人の難波康子さんが参加し、彼女自身も登頂後ベースキャンプの300m手前まで下山しながら遭難 してしまったという悲劇的な事故です。複数の人為的なミスにより何人もの犠牲者を出した事故ですが、映画では高山の過酷な世界を垣間見る事はできましたが、一方 で、エベレストの「商業登山」の是非という側面も重くのしかかってきます。問題提起をしているのか、その割に安直な人間ドラマ的な中途半端さもあり、作り手のねらいや軸足がよく分からない内容に感じました。周りの人間にあれだけの心配と迷惑をかける冒険を単純に美化はできない中で、これは映画的にはあまり評価できない気がしました。
難波さんについて調べてみると、早稲田の出身で大学時代から山登りにとりつかれ、多くの有名登山家が大きなスポンサーをつけて山に登るのに対し、彼女は仕事をしながら自費で7大陸最高峰登頂に成功したという異色のクライマーだそうです。映画の中でも、エベレストの頂上に小さな日の 丸をたてるシーンはさすがにグッときました。チームの判断ミスもあったりして、彼女が生還できなかったのはかえすがえすも残念に思えます。
美しい山のシーンを観ようと思って行った映画ですが、ぐっとテンションが下がってしまいました。

Twin_tower

|
|

« 日本女子オープンゴルフ選手権 | トップページ | デザリング »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/62034594

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「エベレスト」:

« 日本女子オープンゴルフ選手権 | トップページ | デザリング »