« My名刺 | トップページ | インターフェース »

土曜の朝ごはんを食べながら

土曜の朝ごはんを一人でのんびり食べながら日経新聞を読んでいたら、2面に「みずほ、グループ統一基準」というみだしで、「リーダー候補40代から選抜」という記事がのっていた。あいかわらずの事をやってるねと思うのだが、こういう内容を全国紙にかなり大きく記事に出してどういうメリットがあるのだろうか。この記事を読んで「仕事へのモチベーションがあがった」という社員はそう多くはないだろう。私自身の年齢ではすでにこういった渦の中からはほとんど離れているのでどうでもいいといえばそれまでだが、若い人たちにはいい効果は生むまい。選抜するということは、選抜されない大多数の社員がいる訳で、それをことさらに表舞台で表明することもなかろう。人事のパフォーマンスにはなるだろうが、実質的な社内への人事的影響としてはマイナスのように思える。
現実には、組織であれば当然こういった選抜はある訳で、それをことさらにおおっぴらにふりまわすのは大人げない。外国人社員も公平に登用するという事も目玉の一つのように書いているが、それであれば別の表現がありそうだ。
女性活用とかクールジャパンとかいった言い方も含め、日本の社会は上から目線、あるいは幼児的なパフォーマンスや発想、評論家的な物言いに満ちている。組織であれば内部で熾烈な競争があるのも当然だが、切磋琢磨して自分の腕をみがくという自発的で前向きなモーメントに変えていくことが結果的に組織を強くするという事につながる。これは昔からいろいろな言葉で言われている事だが、毎日自分自身でモチベーションを維持して進化する個人を増やすことだ。それは人に言われることではなく、自分自身の問題なのだ。その背中を押すような制度を作ったり運用する事が大事だと思うのだが、なかなか容易な事ではないのだろう。

|
|

« My名刺 | トップページ | インターフェース »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/65835494

この記事へのトラックバック一覧です: 土曜の朝ごはんを食べながら:

« My名刺 | トップページ | インターフェース »