« 時間を軸にした構想 | トップページ | 無駄の多いこだわりも少なくない »

社会は壮大な無駄の上に成り立っている

日本の国債残高は異常だ。とにかく、政治家にも官僚にも財政支出を削減しようとする仕組みが無いのだから、これは行くところまで行くと考えた方がよいだろう。日本で過ごしている時に感じる閉塞感は何だろうといつも思ってしまうのだが、これを国債残高の話と結びつけて考えてみるとちょっと面白いなと最近思っている。
話は違うが、今日昼食を食べている時に食堂のテレビでNHKが8Kテレビの宣伝をしていた。それを見て、「8Kテレビが要るのかね」と思ってしまった。宇宙開発や、先端分野で必要となる技術を磨くという意味では意味のある事なのだろうと思うので、研究する必要が無いと言っているのではないのだが、4Kテレビも行き渡っているとは言えない中で、8Kテレビをバンバン売るのかねという事がビジネスの切り口では気になるのである。一時騒いでいた3Dテレビはどうなったとも言いたい。
上海に駐在していた時、一時帰国で有楽町のビックカメラに立ち寄ったのだが、その時に初めてiPodをさわった時の驚きは今でも覚えている。まず、画面にタッチして操作する事に驚く、製品の美しさに驚く、ここに数千曲が入るのかと驚く。音質ではソニーのウォークマンの方がいいという声も圧倒的なiPod支持の声にかき消され、勝負はアップル圧勝となった。その後iPhoneがiPodの機能をカバーしてしまったので、私もウォークマンは全く使わなくなってしまった。
日本のモノ作りではまだまだ世界でもトップクラスと言っているが、ビジネス的に考えると、現場の力の投入の仕方、使い方がちょっと違うような気もする。ものすごい人の能力、力をもっと上手に使えないのものか。
話がズレたが、国債の話である。財政支出されたお金で潤っている人が相当割合いるという事になるが、その予算獲得をアテにする会社や人が多いというのはあまり健全ではなかろう。クリエーティブでない、健全でない考え方で仕事をしていれば人の元気は無くなる。国債の天文学的な数字と、今の日本の閉塞感は表と裏の関係にあるような気がするのだがどうだろうか。クリエーティブにはつらつとしている人は結構いるはずなのだが、なんとなく閉塞感を感じると言った方がいいのかもしれないが・・・
等など、思いつきでここまで書いてみたが、話が支離滅裂で、とてもまとまっていきそうな気がしないので今日はここまでとしたいが、このあたり、もう少ししつこく頭の整理を続けてみようと考えている。

|
|

« 時間を軸にした構想 | トップページ | 無駄の多いこだわりも少なくない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/66234484

この記事へのトラックバック一覧です: 社会は壮大な無駄の上に成り立っている:

« 時間を軸にした構想 | トップページ | 無駄の多いこだわりも少なくない »