« オリンピック | トップページ | アートフルな暮らし »

2016年8月28日 (日)

8月納涼歌舞伎

歌舞伎座に初めて行ってきました。8月納涼歌舞伎の第3部の観劇でした。出し物は「土蜘蛛」と「廓話山名屋浦里」。前者は古典、後者は新作で、笑福亭鶴瓶の新作落語を歌舞伎にしたというちょっと変わったものでした。歌舞伎の様式美にはいつも驚かせられますが、新作の歌舞伎というのは初めてだったので、これが意外によかったのは一つ収穫でした。言葉も分かり、筋も展開も古典に比較すると圧倒的に早いので楽しめました。
前者はいかにも歌舞伎という感じの、ストーリー自体は超スローペースな内容で、見ているうちに、これは何か、普段の会社の会議に通じるものがあるな等と変な納得感がありました。あのスローな流れは、古典芸能に一脈通じるものがあるなあとふと思った次第です。

« オリンピック | トップページ | アートフルな暮らし »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/67229378

この記事へのトラックバック一覧です: 8月納涼歌舞伎:

« オリンピック | トップページ | アートフルな暮らし »