« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月31日 (月)

写真で遊ぶ

今更ですが、こんなのも簡単なので面白いです。いろいろ遊べそうです。

後、今興味があるのは、ドローンを使って空から撮影した動画。
ところで、今気づきましたが、PCから投稿した写真をPCでクリックするとズームアップしますが、iPhoneからの投稿ではそれが無いですね。その点はPCを使ったほうがいい感じがします。

最近の写真



上野動物園のプレーリードッグ



上野公園に隣接する五条天神社

赤城山ハイキング
iPhoneで撮った写真なのでPCから投稿するより iPhoneから投稿するほうが、簡単ですね。

2016年10月30日 (日)

便利なアプリ

上野公園を歩いていたら、安藤広重の名所江戸百景に出てくる上野月の松が目にとまったのでiPhoneで写真を撮っておきました。どうせなら浮世絵と写真を並べておきたいなと思い、写真を加工するアプリをダウンロードし、1枚にしてそのままインスタにアップしておきました。スマートフォンのマルチタスク振りには感心します。この記事もiPhoneで書いてますが、お手軽でいいですね。ちょっと時間があれば、場所を選ばず文章を書くことができて、このモビリティのよさは秀逸です。


前の記事の写真2枚を1枚にまとめてます。

驚きの買い取り価格

上野公園で銀杏拾いをした後、アメ横をぶらぶらしていて、ひょんな事で、ブランド物買い取り査定の様子をかいま見ました。ティファニーの銀製ブレスレット、未使用品で店で買うと27万円くらいで出ているの品物らしいのですが、何と査定金額3,000円と言ってました。係の人の説明を聞くとなく聞いていると、約75gで、今日の銀価格で計算すると大体こんなものですという事。ブランド、デザイン等の評価は一切無く、単に銀製品として扱われていました。もちろん、ブランド力がある商品もあるのでしょうが、この手の世界を全く知らなかったので、結構驚きの買い取り価格でした。銀ってそんなに安かったのかなと思い、ネットで調べてみると、確かにそんなもんですね。いや〜、知らない事っていくらでもありますね。
Photo

Photo_3
安藤広重「名所江戸百景」から「上野月の松」
上野は懐が深いです

2016年10月29日 (土)

指紋認証

この間も書いたのですが、iPhoneを5から7に替えて、非常に良かった機能の一つが指紋認証だったのは意外でした。指紋認証自体はセキュリティ強化になりそうですが、パスワードロックは4桁から6桁にはなっているものの、依然としてロック解除の一機能である事を考えると、指紋認証はどちらかと言えば素早くロック解除する便利機能と考えたほうがよさそうです。これは実際使うまで分からなかったな〜!ほんと便利になりました。やはり何でも身を以て体験することで本当の知識、知見になるのだと改めて感じた次第(大げさ)。Don't think. Feel!ってやつですね。

早慶戦、銀杏拾い等

10何年ぶりでしょうか、野球の早慶戦を見に神宮に行ってきました。外野席は800円。応援は、今やチアリーダーが主役ですね。慶応側は人数もかなり多く、壮観でした。早稲田も昔に比べると華やかで、台上でトスまで披露していたので驚きました。試合は3対1で慶応優位の8回で球場を後にしましたが、その点差のまま終わったようです。たまにはこういう若いエネルギーに触れるのもいいものですが、同年代とおぼしきおじさんの4〜5人連れが少なからずいて、自分も友人といる時はあんなかんじなのねと、ちょっと鼻じろみました。
試合前と後に神宮の銀杏並木で銀杏をかなり拾い、モノはついでということで、日比谷公園まで足をのばして、3kgくらい拾ってきました。先日、黒部渓谷に行った時は栗をかなり拾ってきたのですが、自然の恵みですね。今年は栗と銀杏で随分楽しめました。

2016年10月23日 (日)

上野動物園年間パスポート

昨日の土曜日に、10何年かぶりに上野動物園に行ってきました。東京文化会館主催のまちかどコンサートというイベントがあるので、久しぶりに行って見るかということになりました。自転車で現地に行ってみると、大人の入園料が600円です。案内板を見ていたら、年間パスポートがあり2400円。一緒に行った家内が、年間4回なら軽く来られるから買おうと言うので、動物園の年間パスポートねえ、などとブツブツ言いながらも購入してしまいました。
園内に入って見ると、暫く見ない間に大きく変わってました。色々な工夫が随所に見られ、かなり楽しめます。上野には時々来ますが、動物園まで入ると、やはり上野を満喫した気分になりますね。これなら散歩がてらふらっと入るのもいいかなと言う気になってきます。年間パスポートで、なかなかいい気分になりました。

2016年10月22日 (土)

キーボード

自室を少し模様替えしてみました。普段座りっぱなしで、腰の調子がイマイチ良くないので、長女が以前下宿先で使っていたキッチンカウンターを持ってきて、立って仕事ができるようにしました。PCは、キャスターのついた専用台に載せてあるので、自由な姿勢で使えて便利です。iPhone7をロジクールのキーボードにブルートゥース接続して、立ち仕事でこの記事を書いてますが、まあたまにはいいかなという感じでしょうか。オフィスでも立って会議するとか話題になったこともありますが、いろいろやってみて気分転換するのもたまにはいいかなという感じです。
ちなみに「トゥ」をキーボード入力するのに、一瞬とまどって、ネットで確認してしまいました。twuでした。

2016年10月18日 (火)

大きくてつぶせない

マレーシア往復でいつもエア・アジアを使っていたので、LCCには随分お世話になってきましたが、何故従来の航空会社ができない事がLCCはできるのかねえ等と思ってました。
ただ、考えてみると、既往の会社はレガシーが複雑で大きすぎて、なかなかそれらの遺産を変えられないという状況なのだろうなあという気はします。
自分の携わっているシステムの分野でも、例えばメガバンクの基幹システム等は、巨大すぎて「刷新」する事はとうてい無理のように見えますし、実際多くの銀行が苦しんでいるはずです。
となると、これを打開するには、「一から始める」というやり方しか無いような気が最近してきました。既存航空会社が新しくLCCの会社を立ち上げたり出資したりして、新しい組織を立ち上げていますが、何故今の組織をLCC体質にできないのかなと考えると、そこにヒントがあるように思いました。金融機関も全く新しいシステムを使った新しい組織を立ち上げないと、時代の流れのなかで衰退の一途をたどるのかもしれません。そのうち、「負うた子に浅瀬を教えられ川をわたる」ということになるかもしれません。何のしがらみもないところから新しく始めてみるという考え方は結構必要なのかなというのが最近の思いです。「世代交代」というのは、ある意味そういう事なのかもしれませんね。高齢化社会にどう対処するかも、その辺の切り口から物を考えると意外に頭の整理ができるかもしれません。

羽田空港国際線ビルに行く

11月の香港行きの飛行機の予約をとったものの、始発で行けば大丈夫だろうとタカをくくっていたのですが、航空会社からの案内メールを見返してみると、出発1時間前にチェックインを閉め切るとあります。ネットの乗り換え案内で確認したところ、三河島〜日暮里〜浜松町〜羽田空港国際線ビルの経路で行くと、一番早く到着するのが出発1分前という事が分かりました。これはマズイな、としばし思案。タクシー使ったり、前泊はイヤなので、数分なら大丈夫だろう等と思いつつも、一応東京モノレールの浜松町始発を調べると、これならなんとか10数分前に到着する事が分かりました。では、浜松町にどうやって行くか。次に山手線の始発を調べると、上記のモノレール始発の1分前に浜松町に到着。これは乗り換えが間に合いません。万事休すと思ったところ、そういえば京浜東北線があるじゃないかという事で確認すると、これの始発ならモノレールに乗り換えできる余裕があります。という事で、三河島出発改め、西日暮里出発とあいなりました。と言っても、西日暮里4:29発という超早朝!家を4時過ぎには出ないといけないというハードスケジュールになりました。朝3:30起きかいなという感じです。これならいっそのこと夜行便の方がよかったか?やれやれ。
等々、30分ほどいろいろ調べたのですが、考えてみると、最初から西日暮里で乗る条件で検索すれば一発で分かった事に後から気づきました。まだまだ検索スキルが低いと反省しつつも、これはこれで旅の楽しみの一つと言う事にしておきました。

2016年10月17日 (月)

テレビの無い生活

先週末にテレビを廃棄しました。今日は、家内がNHKに行って契約解除してきました。NHKの契約については世間でいろいろ言われているので、面倒な事を言われるとイヤだなと思っていたのですが、回収業者の領収書も見せて、手続きは無事終ったようです。これで名実ともに晴れてテレビからは縁が切れて、また一つ制約が無くなりました。それでもここまでのところ毎日の生活には意外に問題が無いのはちょっと拍子抜けではありました。情報は、いまだに購読している新聞とネットから取得できるのでさしあたり問題無さそうです。生活が一つシンプルになった気がします。

2016年10月16日 (日)

中央線で読まれている新聞?

東洋経済で「高学歴地帯『中央線』で読まれている新聞は?」という記事がありました。ほ〜!と思ったのは、都内で朝日新聞が13地区でトップとなっているのだそうです。23区内では文京区・中野区・世田谷区・杉並区の4区、市では武蔵野市・三鷹市・狛江市・小金井市・多摩市・稲城市・国立市・西東京市・国分寺市の9市が該当し、その約6割となる8市区がJR中央線の沿線なのだそうです。そこで記事のタイトルになるわけですが、曰く「中央線沿線、特に新宿区から国分寺市にかけてのエリアは首都圏でも特に高学歴層が多いエリアだ。今回調査の対象とした78自治体の人口に占める大卒者の割合は平均20%だが、中央線の中野―国分寺間にあたる上記の8市区平均では約28%と、全体と比べて極めて高く、他の沿線と比べても突出した「高学歴ベルト地帯」となっている。」
この分析(大卒比率が高い地域=朝日新聞購読率が高い地域)がどの程度実態を正確に反映しているの分かりませんが、日本の現在の状況と照らし合わせて考えてみると妙に「なるほどね」と思わせる内容ではありました。
東洋経済2016.10.14記事

墨堤

今日は隅田川べりをのんびりサイクリング。

20161016_2
20161016_3

今から楽しみ

11月の週末に香港に行く予定をたてている事をこの間書きましたが、2日間の超短期間ながら久しぶりの海外は楽しみです。行ったら行ったで「疲れた」ということで、家に帰って「やっぱり家はいいねえ」等と言うのが目にみえているのですが、それでも一つのイベントに向けて生活にもちょっとメリハリができていいです。ホテルの予約でサイトをいろいろ見たので、それに関連した広告が最近やたらに画面に出るのも逆に気分を盛り上げてくれます。予約したホテルより安いものが広告されたりするので、こっちの方がよかったかな等と思ったり。
また、ちょっと香港事情を調べたり、子供のSIMフリーWiFi持っていって、現地でSIM買ってみようかな等と、いつもとは違う事が気になったり興味がわいたりするのが楽しいですね。やはり「好きな事」で目標を持つというのはなかなか大事な事なんだなあと改めて思います。
Photo

ハンディーなデバイス

(株)ヒマナイヌ代表の川井拓也さんが最近iPodから大量のブログ記事を発信して、あっというまに人気ブログになっています。川井さんは日本におけるTwitterの黎明期からのヘビーユーザーでもあり、そのフットワークの軽さとライトなバランス感覚にはいつも感心しています。とは言え、iPodからよくこれだけ書けるなと思っていました。しかし、iPhone7を使ってみると、このレベルのデバイスならある程度までならできそうかという気がしました(川井さんほどのクオリティーは全然無理ですが)。
やはり何でもそうですが、ハンズオンでやってみなければよく分かりませんね。Chromebookもいいですが、このハンディーな感覚はGoodでした。Twitterのつぶやきよりもう少し文章にしたいなと思った時に、ポケットから取り出してさっと取り組める気軽さは貴重です。これでまた「場所」からの解放が進みそうです。
ヒマナイヌ ブログ

自転車の効用

このところ、首や肩、背中の凝りがひどく体調もイマイチだったのですが、昨日はテレビを廃棄業者さんまで運ぶというミッションがあり、止むを得ずとはいえ自転車で2時間ほど走ったので、身体中がほぐれた感じがします。ランニングもいいですが、自転車もまた手軽な全身運動になっていいですね。意外だったのが手首。かなり固くなってるなと思ってはいましたが、ほぐれました。首や肩甲骨、腰もいいですね。昨晩は熟睡できました。自転車もまた少しずつ使おうかと思いました。

2016年10月15日 (土)

Google Map

今日はテレビの処分のために西新井まで自転車で行ってきました。回収してくれる業者さんの住所をPCからGoogle Mapで調べ、経路を確認したのですが、見るとiPhoneに送信できる機能があります。早速使って見ると、確かにiPhoneのGoogle Mapに飛んでますね。さすがのGoogle Worldです。
これをナビにして無事先方に着きましたが、とても便利なので、次はiPhoneを自転車のハンドルにつける台座がいるなと思ってます。。秋晴れの土曜日、久々のTokyo Bikeも快調で、ちょっとしたサイクリングが楽しい、気持ちのいい一日でした。

iPhone7

IPhoneを、5から7に機種変更しました。古いiPhoneは下取りしてもらうこととして、今日、ソフトバンクに郵便で発送。
7の方は画面も大きく、ぐっと使いやすくなってますね。今更ながら指紋認証の便利さにはちょっと感動です。これまでは指紋認証って、セキュリティのためと思っていたのですが、何の何の、これはセキュリティ解除をぐっと簡単にする機能だったんですねえ。歩きながらでもワンタッチで操作できるので、圧倒的に便利になりました。画面も大きいので、久しぶりにこのブログもiPhoneで書いてみました。

2016年10月 9日 (日)

マイナンバー

マイナンバーカードを一応申請しておくかと思い、申し込んでおいたら、数ヶ月後の忘れた頃に案内が来ていました。原則、本人が荒川区が設置した窓口に出向かなければいけないとのこと。仕事があるので平日に出向くのは難しいのですが、第2、第4日曜日は開いているというので、ネットで調べてみると、既に予約で一杯。平日は午前9時から午後5時までと、仕事と丸かぶりです。おまけに、予約画面はこんな感じ。セルの横幅調整してませんね。二桁日付が二段になってしまっていて、一見、何のことやら分かりません。Excel初心者でもやらないミスでしょうか。
という事でほっぽらかしにしておいたら、通知書が見つからなくなって、しようがないので電話でまた案内を再送してもらうはめになりました。手続きを進めるのに、「予約番号」がいるためです。再送されてきた通知書に基づき、家内に代理で行ってもらおうかと思いましたが、代理人が来る場合は暗証番号に専用シートでカバーしろと書いてあるにもかかわらず、再送された郵便にはシートも同封されていないし・・・要は、昼休み時にでも会社を抜け出すか、半日休みをとって手続きするかという感じですかね。やれやれ。
Photo

2016年10月 8日 (土)

香港弾丸旅行

家内がマレーシアから帰国したので、海外に行く機会もめっきり減ってしまったなあと思っていたのですが、週末にネットを見ていたら、香港エクスプレス(LCC)のバーゲンチケットが出ていたので(往復約7800円!といっても、空港使用税とか諸費用こみで、結局15,000円くらいになってしまいましたが)、11月の週末に土日の週末香港弾丸旅行を予約してしまいました。
今年初めに、同じような時間帯で香港に行って、結構気分転換になったので、今回は家内と二人で行ってみることにしました。家内からは「香港行って何するの?」といぶかられていますが、街を歩くだけでもパワーが出てくるように感じる所なので楽しみです。

see you when I see you

テレビを撤去したので、この週末はアマゾン・ビデオで映画をちょっと見ました。HULUとアマゾンでは、ラインナップがそれなりに違うので使い分けていますが、今日はアマゾンでオーシャンズ13を選択。途中で、なんとなく以前1回見たような気がしましたが、何作もあるので、覚えているストーリーがちょっと混乱しています。いずれにせよ、ジョージ・クルーニー主演のこのシリーズ、はらはらどきどきはありますが、暴力シ−ンもなく、アメリカ的なエンタテーメントとして楽しめます。
映画は字幕で見ていましたが、最後のシーンで仲間と空港で分かれるシーン、”See you when I see you.”と言うセリフが耳に残りました。「いつかは分からないけど、会えたらまたな」程度の軽いフレーズだと思いますが、日本人にはあまり聞き慣れない言い回しながら、いい感じのシーンでした。簡単な単語の羅列ですが、学校では習わない英語ですね。こういった軽い言い回しを聴くとなんとなくうれしくなります。

2016年10月 7日 (金)

ホロヴィッツ

中村紘子さんの「チャイコフスキー・コンクール」を読み、またクラシックに少し興味がもどったところで、ホロヴィッツのCDをレンタルして聴いてみました。最初、録音が良くない事もあり、「あれ?」と思ったのですが、落ち着いて聴いていると、やはりこれはものすごい。特にショパンのノクターン2番や、シューマンの子供の情景作品15といった曲は聞き慣れている事もあり、そのスローなメロディーのピアノ、ピアニッシモの音色が秀逸で、ピアノが静かに穏やかに歌っているという感じがよく分かりうっとりします。古い録音からも、絶妙な強弱とうねるような音色が伝わってきて、目から(耳から?)うろこ的な感動がありました。

2016年10月 3日 (月)

テレビ撤去

ふと思い立ち、ケーブルテレビを解約しました。あわせてテレビ自体を撤去しました。これでほぼ生まれて初めて(?)のテレビ無しの生活が始まりました。見たいものも少なからずあるのですが、ただボヤッとテレビを見ている時間はやはりもったいないのが一番の理由かなと思っています。地上波などは、大宅壮一の「一億総白痴化」という言葉をまさに体現しているような状況ですしね。

休肝日

減量のためには、「好きなものを一つ少しがまんする」から始めるといいと何かの記事で読んだので、アルコールを飲まない休肝日をまた始めてみるかなと思い立ちました。とりあえず火曜を休みとして、3週間たちます。今日は月曜ですが、明日は飲み会があるので、1日繰り上げてお酒を飲まない日にしました。こんなので多少でも違うんですかねえと半信半疑です。まあ気休めと思いながらいつまで続く事やら。一人では三日坊主は目にみえていましたが、帰国した家内に宣言したので、多少はがんばらなければと思っています。やれやれ。

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »