« Kindle Unlimited | トップページ

2017年9月12日 (火)

紹興酒に燗をつける

上海に4年半勤務していたが、普通中国人は紹興酒を常温で飲むと思う。当然ザラメ等は入れない。それどころか、マレーシアの中華系マレーシア人等は、紹興酒は料理酒くらいにしか考えていない人達もいる。さすがに上海ではお酒として飲んでも全然問題ないと思うのだが、いずれにせよ、帰国後も中華料理店で紹興酒を飲む時は、意気がって常温で飲んでいた。ところが、先日横須賀の父と兄と一緒に中華料理を食べた際に、兄の希望で燗をつけてザラメを頼んだのだが、暖かい紹興酒は料理にマッチしてなかなかうまかった。ザラメは入れなかったが、考えてみると、酒に燗をつける習慣の無い中国人をまねて常温で飲む必要も無いと思い直した。「本場では」とか「それは邪道」等とバカな事を言っていないで、「うまい」と思うやり方で飲めばいいのだ。
等と思っていたら、先日買ってきた紹興酒が見つからないと思って探していたら、家内が冷蔵庫に入れていた。「アチャー」と思ったが、飲んでみると、これがなかなかうまい。確かに日本酒も温めたり冷やしたりして飲むのだから、紹興酒も同じように飲んでもおかしくない道理だ。
還暦を迎えてもこのていたらくである。人生なかなか味なものである。

« Kindle Unlimited | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403985/71691232

この記事へのトラックバック一覧です: 紹興酒に燗をつける:

« Kindle Unlimited | トップページ