日記・コラム・つぶやき

2017年6月24日 (土)

大学の経営

 折しも大学の許認可に関するゴタゴタが政局になっていますが、思い出すのは、末娘がクアラルンプールのインターナショナルスクールを卒業し、大学受験をしていた際に、オーストラリアのメルボルン大学等3校に出願した事です。
 この件は以前も記事を書いたのですが、結論から言うと、インターネットでマレーシアから願書、論文、資料を送付し、3校とも入学金を払えば入学可という所まで手続きが進みました。3校ともオーストラリアのトップクラスの大学、学部だったので、これはちょっとビックリというか、ある意味拍子抜けでした。欧米の大学は「入るのは簡単だが、出るのが大変」とよく言われますが、身をもって「なるほどなあ」と思った次第です。
 というのは、例えばこれらの大学と同じような日本の難関大学を、日本の普通の学生と一緒に受験したら、とても合格は困難。それがオーストラリアの名門大学には合格してしまったのは何故だろうという事ですが、おそらく、書類審査である程度のレベルが認められる学生は幅広に合格を出しているのだろうと思います。もちろん、高校の通常の成績を出させられる等、日本のように受験日一発の試験ではなく、その学生がどういう学生生活を送ってきたかが浮き彫りになるような構成になっています。末娘の場合は、上海のインターで幼稚園から小学校高学年まで過ごし、その後帰国して中学2年まで日本の学校、そしてクアラルンプールのインターを卒業、そこでは外国人として初めて生徒会長(?)をしたり、地元の雑誌に日本からの留学生という事でインタビューを受け、その縁でその出版社でインターンシップをさせてもらったりと、結構いろいろアピールするポイントがあったのですが、それらもしっかり受験資料に織り込む事ができました。論文も随分苦労して作文したものです。
 とはいえ、インターネットごしの審査でほぼ合格というのは、日本人の感覚としてはそれでいいの?と思ってしまいます。しかし、考えてみると「それでいいのだ!」と私なりに理解しました。というのは、上記のような審査の工夫をすることで、インターネットで世界中から広く人材を募集し、ネットを介した書類審査だけである程度のフィルターをかけつつ、多数入学させる事は、大学の経営の安定に(経済的に)大きく寄与します。その後、大学ではしっかりしたカリキュラムと教授で、やる気のある学生を育て、優秀な卒業生を輩出すれば、大学のレピュテーションも上がる事になります。学費が払えなかったり、やる気の無い学生、レベルについていけない学生はドロップアウトしていきます。ざっくり言うと、優秀な大学のステータスを保ちつつ、しっかり経営もしていくという合理的な仕組みになっているのだと思います。それに失敗すればその大学は傾く、あるいはつぶれる、そういう事です。
 といった経験を思い出しながら今の国内の様子を見ていると、日本独特の許認可制度にしばられた学校経営の課題が透けて見えてくるような気がしています。

2017年6月20日 (火)

二極化その2

閉幕した国会の状況を踏まえ、内閣支持率が急落したというニュースが流れていた。現内閣は、世代が若いほど支持率が高いらしいが、今回の急落も、高年齢層ほど下げ幅が大きいという。ネット上では、「テレビしか見ない高齢者が情報操作されている」的な意見があるが、それもある程度正しい状況観察という気がする。先週末に二極化という記事を書いたが、今回の政局は、どうも殆どのマスコミが偏向報道を行っていたような気がする。その意味では、若い世代が思いのほかバランス感があるという事かもしれないという点で、逆に好材料と言えなくもない。もちろん、年齢に関係無く、テレビや新聞からしか情報を得ていない人はいる訳なので、一概に言えない面もあるが、少なくともネットで幅広く情報を取得している人と、マスメディアからの情報しか得ていない人の違いは、やはり二極化といっていいような状況なのだと思う。現実的には、投票に行く人の多くは後者なので、マスメディアは増々それらの人に迎合するような情報操作をする事になるのだろう。

2017年6月17日 (土)

二極化

昨年、テレビを撤去したので、テレビから入ってくる情報は基本無いのですが、新聞は仕事の関係もあり日経新聞を一応とってます(新聞も会社を退職したらやめようと思ってますが)。ただ、朝食の際にざっと読むだけで、その他の情報は概ねネットから取得しています。
もちろんネット上の情報は玉石混淆で、意見、議論や表現が極端に先鋭化しやすいという点で問題は多いものの、マスメディアの一方的な偏向報道、情報操作がいかにひどかを浮き彫りにしてくれます(経済誌の日経新聞でも全くおかしな意見を書いている時があります)。その意味では、マスメディアしか見ていない人とネットに足をつっこんでいる人は二極化といっていいくらいの違いがあるかもしれません。といっても、ネットでもブログ、SNSといった類いのソースを用心深くさらっている必要がありますね。yahooニュースだけ見ているのでは、あまり意味がなさそうです。ネットの世界でもマスメディアと、そうでない情報発信の両方を見ていないとその違いが分からない。ただ、リアルな世界では「そうでない情報」は殆ど聞こえてこないので、偏向マスメディアの報道が世論なのかと勘違いしてしまう、それが情報操作な訳で、ネット側から見ていると、そういった見え見えの構造がよく分かるのが面白いところです。

2017年6月13日 (火)

エア・チャイナ

事情があり、先ほどエア・チャイナのサイトでシンガポール行きの航空券をとったのですが、連絡先メールアドレスにgmailのアドレスを入れようとしたら、gmailには届かない可能性があるので他のメールにしてくれという注意メッセーが出てました。これって、中国でのグーグルの位置づけを反映しているんでしょうかね?ヒヤーって感じですね。

後日談:ちなみに、gmail以外という事で指定したメールアドレスにも届かなかったので、翌日、東京のオフィスに電話したら、では「メールを日本から送りますのでgmailでも大丈夫です」という事ですぐ送ってくれました。要は本社から送るメールはgmailでなくても到着しない事があるという事でしょうか。訳がわからん。飛行機大丈夫かな。

2017年6月11日 (日)

耳が肥える

このところ、比較的連続してクラシックのコンサートを聴きに行ってました。といっても、無料とか500円とか1500円といった、若い人たちのお手軽な演奏会が多いのですが、そんな中でも3度「鳥肌がたつ」場面がありました。最初は、東フィルのコンサートでチェロのソリストのアンドレイ・イオニーツアさんのプロコフィエフの演奏、2回目は、東京文化会館のニューイヤーコンサートで聴いたボロディンの韃靼人の踊り。3回目は東京芸大のコンサートで聴いたメンデルスゾーンの弦楽8重奏曲。大抵仕事を終わって夕方に行くので普通の演奏ですとウトウトする事が多いのですが、いい演奏にぐっと引き込まれるという感覚が、この歳になって少し分かったような気がしました。いまだにクラシックはよく分からないという気がしますが、それでもこういった経験をすると、なるほどねという気がしてきます。耳が肥えるというのはこういうことかなとも思ったりしています。ここまで歳をとってようやくそんな面を少しかいま見たような気がします。

前へ前へ

旅行の予約をしてから、散髪に行こうかと思い家を出ました。二日ぶりに外に出たということもありますが、街の景色がちょっと違って見えました。いつもと同じ街並みですが、何か懐かしい感じがします。これはどういう事かなと歩きながら少し考えたのですが。多分ついさっきまで海外に行くことをいろいろ考えていたせいだなと思いました。普段なら気になる事も、まあそれはそれとして等という気分になります。つまり、先のことに集中すると、足元の瑣末な問題の優先度がぐっと低くなるような気がします。かつて頻繁に海外に出張していた頃、帰国するとホッとした気分を思い出しました。いろいろな問題や課題を抱えている街並みも、ここが自分の街だとおもえたものです。そう考えると、足元の瑣末なことや、過去に拘泥してネガティヴな力を浪費するよりも、前に前に進むことを考えた方がよほど健康的だなという気がします。前に前にどんどん進め!
Photo
クアラルンプールの屋台で買ったサテー

夏風邪

 先週は月曜から水曜まで連続で外で飲む事になってしまい、深夜帰宅して窓を開けて寝ていたらうかつにも風邪をひいてしまいました。木曜は二日酔いかなと思っていたのですが、金曜のお昼ころからのどが急に痛くなり、体がだるくなってきました。ということで、この土日は殆ど家で寝ているはめになりました。それでも週末に回復するのがサラリーマンの技術というか、なんとか月曜から出勤できそうです。
 寝ているといっても横になっているだけでヒマなので、旅行の予定等をちょっと考えようかと、まずは6月に期限のくるJALのマイレージの消化先を検討し、とりあえず7月の始めの週末に広島往復の飛行機を予約しました。広島グランドプリンスホテルで、ちょうどタイムセールの格安プランがあったので、宿も決定。このホテルは以前、パックツアーで泊まった事があり、とてもいいホテルで気に入ったのですが、その後なかなか訪れる機会がありませんでした(遠いのとお高いので)。7月は、次の週末から長女のいるパリに行く予定なので結構忙しくなりそうです。
 次に11月にシンガポール行きの格安航空券をとりました。北京経由ですが往復35千円でした。マレーシアに深夜便で30回くらい往復したので、10数時間かかってもさほど気になりません。シンガポールにはマレーシアから簡単に行けたのですが、家内と子供がクアラルンプールに住んでいた4年間で一度も出かけることがありませんでした(家内達は何度か行ったのですが)。という事で、もう10年以上出かけていないので楽しみです。もしかすると子供の一人がその頃、仕事で行っているかもしれないので、それはそれで面白いなと思っています。
 等々、ゴロゴロしながら出歩く事を考えていたら、少しは気がまぎれて、なんとか気力がわいてきました。体調整えて来週もがんばります。

Sp

10年以上前、頻繁にシンガポールに出張していました。
今は様変わりでしょう。

2017年5月27日 (土)

上野の山を攻める

上野動物園の年間パスポートと、東京国立博物館の年間パスポートを購入した件はここでも書いたと思いますが、近代美術館は月に2回、常設展示のみ無料で見る事ができます。昨日記事を書いた東京芸大のコンサートも実は無料。奏楽堂ではしばしば無料のイベントをやっています。自宅から上野までは自転車で20分くらいなので、2つの年間パスを持って出れば、財布を忘れても1日中上野の山で文化的な時間を過ごす事ができます(お弁当持っていればの話ですが)。東京文化会館でもしばしば500円から1000円くらいのコンサートやってますし、今日は「2017さつきフェスティバル」という展示を噴水のまわりの広大なスペースでやっていて、見た事もないような立派なさつきがズラッとならんでました。昨年は上野で大量に銀杏を拾って、今でも食べてます。坂を下ればアメ横があるし、不忍池の睡蓮も、これから楽しみ。上野は奥が深いです。まだまだ楽しめそうです。




2017年5月21日 (日)

情報発信

このところ、ブログを記事をほとんど書いていない。2,3月がゼロで、4月に3回。それも直近2回はインスタという同じタイトルで書いているのに今気づいた。
もう5月も下旬だが、今月に入って、これが最初の記事になる。ブログを開設した時は、1日に1度は更新しようと意気込んで、実際、それに近いペースで物を書いていたのだが、だんだんSNSの台頭に伴い、FBやTwitterの比重が高まり、その後、家内と末娘がマレーシアに4年行ってしまったので、炊事・洗濯に追われてしまった。とはいえ、昨年6月に家族が戻ってきても、あまり記事更新のペースがあがらないのは何故だろう。一つは、iPhoneのカメラの機能が格段に上がり、さらに画像を加工するアプリも出そろってきたので、SNSに画像や動画をあげる方が簡単で面白いからという事がありそうだ。外出しても、大量にスマートフォンで写真をとって、多少の加工をした上でFBやInstragramにアップロードしておくだけでなんとなく終わってしまっている。もう少し、行った先々のことについて自分の頭で考えた事を整理して文章にアウトプットしておくといいのだが、そこにつなげるには、何かもう一工夫が必要な気がしている。

2017年1月29日 (日)

図書館

 自宅至近の荒川図書館が閉館しました。古い建物の屋上に天体望遠鏡のドーム(だと思うのですが)があって、自宅の上の階からそれが見えるのが気に入っていたのですが、残念です。区役所の近くに大きな施設を作っていて、そこに移設されるようです。
 ということで、今日は5年ぶりくらいに南千住図書館に行ってきました。ここは歩いて15分ほど離れていますが、比較的新しめの施設でゆったりしています。旅行関係で3冊借りて、自宅で午後中読んでました。高野秀行「イスラム飲酒紀行」、イモトアヤコ「地球7周半」は一気に読み終わり、山田和「旅の雑学ノート インド」が残ってます。読み終わった2冊はいずれも面白く、また旅に出たいという気持ちになりました。イモトアヤコもいい事言ってます。この手の本は自分ではまず買わないと思います。これが図書館の効用。電子版で買っておいてもいいかな等ともちょっと思いました。高野さんの本は初めて読みましたが、調べてみると、随分沢山本を出している方のようですね。最近はネットで本を購入する事が多いのですが、本屋さんや図書館でランダムに幅広い本をながめて選んでくるのも新しい出会いがあっていいものです。
 今週末は予定もなかったので、これらの前に、土曜も旧約・新約聖書の解説本のようなものを読んでいたのですが、これがまた改めて読んでみると、聖書というのは結構殺伐とした内容だなあという感慨がありました。国を根こそぎ滅ぼしたり、赤ちゃんを皆殺しにしたり、人殺しの話も満載です。なかなか重い気分になりますね。この辺、継続的に物を考えていかなければいけない分野なので細く長くいく感じでしょうか。

より以前の記事一覧