芸能・アイドル

義経千本桜

 先週になりますが、週末に「親子で楽しむ歌舞伎教室」というイベントで国立劇場に行き、「義経千本桜」の「渡海屋の場」と「大物浦の場」を観てきました。
 いわゆる「碇知盛」とよばれる名場面で有名な時代物です。始めに、義経を演じる尾上松也が子供むけに分かりやすく歌舞伎を解説してくれます。浄瑠璃、三味線、長唄、鳴物、黒子といった、普段は表に出てこない人達の役割などを紹介。長唄、三味線の人達がいきなりAKBの「会いたかった」を披露したのには子供達もびっくりでした。
 歌舞伎自体は、目にも鮮やかな衣装と舞台装置で様式美の極致。特に花道から引っ込む時の見得、間髪入れずに繰り出される「音羽屋!」、「三河屋!」といった掛け声は胸のすくような思いがします。知盛が碇に引きずられて海中に没した後、セリフもなく退場する義経、最後に残った弁慶役の市川團蔵が鎮魂の法螺貝を二度吹き、見得をして引っ込んで幕となります。この重厚な「間合い」は何ともいえず心に残りました。
 これまであまり観賞することがなかった歌舞伎で、二場だけでしたが十分楽しめました。国立劇場のゆったりした落ち着いた雰囲気もよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|